情報公開
内部質保証の方針

1.基本的な考え方

教育研究水準の向上を図り、本学の目的及び社会的使命を達成するため、教育研究活動等の状況について自ら点検及び評価を行う。組織的、継続的及び系統的に、自己評価・点検項目並びに方法を設定し、点検及び評価を実施することで質を保証し、改善・向上に取り組むとともに、その成果を公表することで社会に対する説明責任を果たしていく。

2.内部質保証の組織体制

  1. 全学内部質保証推進会議
     大学全体の内部質保証に責任を負う組織として、学長を委員長とし、学部長、研究科長及び学務部長を構成員とする全学内部質保証推進会議を置く。この推進会議において、各学部・研究科・その他の組織における点検・評価内容について、全学的観点から検証、支援、助言を行う。全学共通の教育目標の設定、全学共通の自己評価項目の設定及び点検、全学的観点からの自己評価の実施、全学的観点からの教育研究活動の改善に関することを審議する。
  2. 自己点検・評価委員会
     部門別の自己点検・評価を推進するための組織として、学長を委員長とし、学部長・研究科長、学科長、学務部長、就職部長、図書館長、情報基盤センター長、総合研究機構長、入試広報部長、教養力育成センター長、事務局部長職等の役職者を構成員とする自己点検・評価委員会を置く。この委員会において、建学の精神及び教育方針に基づく教育目標の設定、自己評価項目の設定及び点検、自己評価の実施、教育研究活動等の改善について審議し、教授会に報告する。
  3. 外部評価委員会
     本学の実施する自己点検・評価活動の実質化、及び、客観性・適切性を確保するために学外有識者により組織される外部評価委員会を置く。外部評価委員会では、本学の自己点検・評価に関する検証を行う。
  4. FD推進機構
     教育改善活動を推進するための組織として、学長を機構長とし、学部長、研究科長、教養力育成センター長、学務部長及び就職部長により組織されるFD推進機構を置く。FD推進機構では、本学における教育内容及び方法を改善し向上させるための組織的な諸取組を推進する。FD推進機構運営委員会では、FDに関する企画、開発、実施及び支援に関し全学的見地から審議、調整を行い、効果的な運営を図る。
    FD推進機構の下に、学部長・研究科長を部会長とし、各学科・専攻から選出された者により組織される部会を設置し、教育改善の企画、開発、実施、支援、効果の検証といったPDCAサイクルを回していく。
  5. 各会議及び委員会の事務
     全学内部質保証推進会議、自己点検・評価委員会及び外部評価委員会の事務は、総務企画部企画課が担当する。また、FD推進機構運営委員会及び各部会についてはFD推進機構FD推進室がその活動を補佐し、事務を所掌する。

3.本学の内部質保証システム

本学では、内部質保証として毎年自己点検・評価を行っている。この自己点検・評価の結果を改善に繋げていくための内部質保証システムは、具体的に以下のとおりである。

  1. FD各部会にて学期毎に授業科目毎、カリキュラム毎、及び学部毎のレベルでの学修成果を検証し、評価する。
  2. FD推進機構運営委員会にて全学的な状況を集約し、大学としての組織的対応を検討する。自己点検・評価委員会および教授会に報告する。
  3. 自己点検・評価委員会および全学内部質保証推進会議にて実施される自己点検・評価結果について、定期的に外部評価委員会の評価を受ける。
  4. 自己点検・評価結果を学外に公表する。
    上記のようなPDCAサイクルにもとづく改善活動を恒常的に実施することを通じて、内部質保証を推進する。

4.教学に関する行動指針等

本学では、大学においては学科、大学院においては専攻を単位として、教育研究上の目的及び3つの方針(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー及びアドミッション・ポリシー)を設定し、行動指針とする。また、大学における学修成果の評価・改善の方針を定め、大学全体、カリキュラム(学部・学科)、授業科目の3つのレベルにおいて、ディプロマ・ポリシーを満たす人材が育成できているか、カリキュラム・ポリシーに即した学修が進められているかの視点で評価・改善を行う。なお、教育研究および学生実態等に関する情報は、一元化して管理するとともに、必要な指標データを作成・分析し、改善に活用する。

 

 

 

資料請求

大学基準協会認証評価について

格付「A」「A+」の取得について