教育理念
アセスメント・ポリシー(学修成果の評価・改善の方針)

本ポリシーは、ディプロマ・ポリシーを満たす人材が育成できているか、カリキュラム・ポリシーに即した学修が進められているかの視点から、大学、学部学科(カリキュラム)、授業科目、学生のそれぞれのレベルでの学修成果を評価し、その結果を教育・授業改善、ならびに学生自身の成長に繋げていくための方針を定めたものである。 それぞれのレベルにおける評価・改善の方針は以下のとおりである。

1.大学全体

在学中の学修状況および卒業時における学生のディプロマ・ポリシーの達成度について、学部・学科、授業科目、学生に関する評価結果を集約し、大学全体レベルでの評価を行う。また、学生の進路の状況(就職率・進学率、就職先企業、就職満足度等)や企業調査などから、本学で得た学修成果が社会における学生の活躍に資するものとなっているか、ディプロマ・ポリシーそのものが地域社会・産業界のニーズに即したものであるかを検証し、学修成果の水準設定の妥当性や具体性について評価し、その結果を大学全体の教育改善に繋げていく。

2.学部・学科(カリキュラム)

学科(カリキュラム)を対象に、GPAや修得単位数、進級状況等により学年ごとの学修状況を評価する。また、各科目の成績評価に基づいたディプロマ・ポリシーの達成度の集計結果、1・3年次に実施するIRコンソーシアム学生調査、ディプロマ・ポリシーに掲げる知識・能力のうち、「自主的・継続的に学習する能力」・「与えられた制約の中で計画的に仕事を進め、まとめる能力」・「チームで仕事をするための能力」の到達目標を図るために設定した「福岡工業大学主体性のルーブリック」に基づく学生の自己評価結果の集計結果等から、カリキュラム全体を通した学修成果の達成状況を評価し、その結果をカリキュラムの改善に繋げていく。   

3.授業科目

授業科目の成績評価は、別途定める成績評価ガイドラインに基づいて実施するとともに、成績分布、授業アンケート等の結果を用いて、各科目の達成目標の達成状況、達成目標とディプロマ・ポリシーの整合性、授業の内容・方法、成績評価の方法などを評価し、その結果を授業改善および適切な成績評価方法の改善に繋げていく。

4.学生個人

授業科目の成績評価結果やポートフォリオに記載した振り返り内容、「福岡工業大学主体性のルーブリック」に基づく自己評価結果等により、学年ごとに学修状況の評価を行うとともに、単位取得状況、GPA、卒業研究(ゼミナール)などにより、ディプロマ・ポリシーに掲げる知識・能力の達成度を総括的に評価し、その結果を学生自身の学修成果の改善・成長に繋げていく

資料請求

資格取得