ニュースリリース(マスコミの方へ)学生が企業の課題解決への取り組みを報告

福岡工業大学 情報工学部 システムマネジメント学科3年生 × 古賀市商工政策課 × 古賀市企業

システムマネジメント学科では、ディプロマポリシーに基づき、基礎知識や技術を伝授すると同時に、それらの知識や技術を実世界の具体的課題へと学生自らが結びつけ、課題解決という目標に向かって協働して意欲的に取り組むことができる人材の育成に注力しています。今年度も同学科における主要な学問領域の一つである「インダストリアルエンジニアリング」に特化した課題解決型学習(PBL;Project Based Learning)を3年次のゼミナールⅡで開講。そのうち古賀市PBLでは20名の学生が4つの班に分かれて、古賀市内に工場を持つ企業4社と連携して、工場内機材等の最適配置と作業効率化に向けた改善策の提案という課題に取り組みました。

シスマネPBL「古賀市プロジェクト成果報告会」のご案内

日 時 平成31年1月23日(水) 10:40-12:00
会 場 福岡工業大学 B棟8階 多目的教室
内 容 ①4班の学生による各企業に対する改善策の提案(15分×4班)
②学生からの提案内容に関する各企業代表者、古賀市商工政策課からの質問と応答
③今年度の活動全般に対する指導教員からのコメント 他
発表タイトル(協力企業) 第1班:IEを用いた工場内効率化計画(有限会社 左衛門)
第2班:倉庫内の最適配置シミュレーション(株式会社 五十二萬石本舗)
第3班:AnyLogicを用いた工場内のモデルシミュレーション(株式会社 ナダヨシ)
第4班:安全面・衛生面に配慮した小・中学生向け「ソーセージ作り体験」の提案(日本食品株式会社)

 

本リリースに関するお問い合わせ先

福岡工業大学 大学・地域連携推進室(担当:木村)
TEL:092-606-7430
e-mail:collabo@fit.ac.jp

取材のお申込み・本件発信部署

福岡工業大学 広報課(担当:竹岡)
TEL:092-606-0607

取材のご依頼は下記申込書(PDF)をご記入のうえ、FAXまたはメール(kouhou@fit.ac.jp 宛)にて本学広報課にご送信ください。

 

 

 

資料請求