環境/エネルギー・物質化学系

北山研究室

太陽光エネルギーを効率的に利用するための研究

無尽蔵の太陽光エネルギーを効率的に利用できる技 術ができれば、エネルギー問題は解決します。Si太陽電池より低コストな「色素増感型太陽電池」や太陽光で水を分解し水素を発生させる技術の開発をやっています。

太陽光エネルギー 太陽電池 ソーラーフュエル 光電気化学
研究室紹介を見る

呉研究室

環境試料及び生体試料の新規分析法の開発

蜃気楼現象で知られる光の偏向を利用して、植物表面のCO2などの物質の出入りをリアルタイムで計測できる新しい分析法の開発や、化学発光を利用した環境試料・生体試料中の微量な活性酸素の測定等を行って います。

光の偏向 化学発光 キャピラリー電気泳動 環境・生体分析
研究室紹介を見る

宮元研究室

天然物から合成する環境に優しいナノ物質

水と粘土鉱物から得られる新しいハイテク素材「無機ナノシート液晶」を柔らかい高分子素材と組み合わせる研究を進めています。環境に優しい新素材のみならず生物を模した柔らかい「分子ロボット」を作ることを 目指します。

無機ナノシート 液晶 高分子ゲル 分子ロボティクス
研究室紹介を見る

久保研究室

未利用の廃棄物から 有価資源を回収する手法の開発

世界的な人口増加、生活水準の向上に伴って多くの資 源が枯渇しつつあります。水溶液化学、高温溶融、パ ルス粉砕、超伝導選別など様々な分離技術を駆使し て、未利用の廃棄物から資源を回収する手法を研究し ています。

リサイクル 廃棄物 資源化 レアメタル 環境工学
研究室紹介を見る

バイオ・食品系

川上研究室

微生物を利用した生物電気化学的な環境技術

微生物を利用し、電気化学的な方法によって環境浄化・モニタリング・燃料電池などに応用する研究を行っています。

生物機能 バイオセンサ 環境浄化 燃料電池
研究室紹介を見る

渡邊研究室

新しい解析原理に基づく微生物の高速分類・定量化法の開発

マイクロチップ電気泳動装置で得たデータから、微生物の種類と数が迅速に測定できるシステムを開発し、食品等の様々な試料を解析しています。

環境修復 バイオインフォーマティクス バイオリサイクル
研究室紹介を見る

三田研究室

環境と生物活動の関わりを有機物分析から探る

様々な環境試料中の有機物分析により、生物の環境適応など環境と生物活動の関わりを探っています。さらに、原始地球での生命の誕生や、地球外生命体の存在の可能性といった謎の解明も目指しています。

アストロバイオロジー 有機物分析 アミノ酸 ペプチド
研究室紹介を見る

永田研究室

生活習慣病の予防や改善に効果的な食品成分の探索

食品は医食同源の考えに基づき体調調節作用を有すると考えられています。我々の研究室では、食品および食品素材に含まれる成分が疾病の予防や改善にどのような働きを示すのか細胞や動物を用い研究を行っています。

食品成分 機能性 細胞実験 動物実験

天田研究室

環境汚染物質を分解する酵素の解析

環境汚染物質を分解する微生物や有用な物質を生産する微生物を分離・培養し、それらの遺伝子や酵素を精製し解析しています。

微生物 環境浄化 酵素 遺伝子
研究室紹介を見る

長谷(田丸)研究室

農水産物を有効活用した加工食品の有用性評価

生産過程で廃棄される、もしくは食品としての用途が狭い農水産物を用いて、美味しくかつ健康維持・増進に役立つ加工食品の開発や評価を行っています。

加工食品 物性 嗜好性 機能性
研究室紹介を見る

桑原研究室

化粧品および環境材料への応用を目指した界面活性剤および生体材料の研究

生体への影響が少なく、環境に対して低負荷型の界面活性剤を設計・合成し、化粧品や環境材料に応用する研究を行っています。

コスメトロジー アミノ酸 界面活性剤 コラーゲン
研究室紹介を見る

自然科学系

蒲池研究室

理論化学とコンピューターシミュレーションによる化学探求

最新の計算化学の手法を使い、化学の複雑な現象を計算機上でシミュレーションしています。材料や触媒などの物質化学、酵素や創薬などの生命化学を含む広い分野に応用可能です。実験だけでは分からない問題について、解答を与えることを目指しています。

計算化学 触媒 生体反応 データサイエンス
研究室紹介を見る

▲PAGETOP